• ウォーターサーバーの料金負担はどれくらいなのか

    • 家庭に置いておけばいつでも安全でおいしい水を飲むことができるウォーターサーバーは最近特に人気を集めるようになっています。

      新築のアンテナ工事情報がリニューアルしました。

      しかし実際に使用するとなると気になってくるのがウォーターサーバーに関する費用についてです。ではこのウォーターサーバーを使うと家計はどうなるのかというと、実際の負担としては毎日ミネラルウォーターを買っている場合と大して変わらないというのが多いようです。



      水1リットル当たりの価格にすると大体80円から160円ほどになるため、水の単価としてはそこまで高くは無いのですが、ウォーターを使用している間は、常に電気代がかかってきます。

      ビンゴの景品の様々な情報を掲載しています。

      この電気代はそれぞれのメーカーによって多少違うのですが、エコタイプとされているような省電力タイプでなければ毎月1000円くらいはかかってくることが多いのです。

      最高のアンテナ工事に関する疑問が解決できます。

      水は12リットルのタイプが多くなっていますから、1Lあたり100円のボトルを毎月2本を買うと、そこでかかるお水の代金は2400円、さらに電気代がプラスされると3400円ほどになってきます。

      定温輸送に関する特集の情報が満載です。

      これを30日で割ると1日あたりのおおよその負担が出るのですが、3400円÷30日=約113.3円ですから、毎日コンビニでミネラルウォーターを買うのと負担はあまり変わりません。

      そのため普段水を買わない人がウォーターサーバーを設置すると、その負担が思ったよりも大きいということで理想とのギャップを感じてしまうことが少なくありません。そのため「水道水よりも安いと思うから」という理由でウォーターサーバーを設置することはあまりお勧めできないのです。

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

      ただ安心安全でおいしいお水を毎日飲みたいという人に関しては、高品質なお水を自宅まで宅配してくれて、飲みごろの温度まで自動で調整してくれるということの価値は大きいでしょう。

      http://girlschannel.net/topics/167056/

      設置の際にはイメージだけで決めるのではなく、自分にとって何が大切なのかをしっかり考えて決めましょう。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/58782/

  • 関連リンク

    • ウォーターサーバーに使われるRO水のメリット

      ウォーターサーバーに使用される水には大きく分けて二種類あり、特にウォーターサーバー特有のものとされているのがRO水と呼ばれるタイプの水です。ではこのRO水を選ぶメリットはどこにあるのかと言うと、特に大きなポイントとなるのが「不純物が含まれていない」ということです。...

    • ウォーターサーバーとミネラルウォーターの比較

      ウォーターサーバーは水道水よりも不純物が少ない安全な水を飲むことができる者として人気を集めていますが、そうした「安全な水」というところで言えばコンビニなどで販売されているミネラルウォーターにも同様のことが言えます。ではウォーターサーバーとコンビニなどで販売されているミネラルウォーターにはどういった違いがあるのかと言うと、まず大きな違いとして押さえておきたいのが「宅配をしてくれる」というポイントです。...